長期保存できる冬瓜(トウガン)を栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

トウガンはとても貯蔵性がよく、冬まで保存できる為ストックにぴったりのウリ科の野菜です。とても低カロリーの野菜ですので、ダイエットにはぴったりの野菜ではないでしょうか?

連作障害

 

あり(1〜2年は空ける)

 

種まきの時期

 

寒冷地 5月上旬〜5月下旬頃まで
中間地 4月中旬〜5月中旬頃まで
暖 地 4月上旬〜5月上旬頃まで

 

主な栄養素

 

カリウム、ビタミンC

 

ワンポイント

 

トウガンはツルを長く伸ばす野菜ですので栽培の際、他の作物から2mは離して栽培しましょう。


 

1.土作り

 

植え付けの2週間前に、石灰100g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅60cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

 

2.種まき

 

ポットに土を入れ種を3粒まきましょう。本葉が出たら1本に間引きをします。

 

3.植え付け

 

本葉が4〜5枚になったら植え付けのタイミングです。畝の中央に植え付けましょう。植え付け後は水をたっぷりと与えましょう。

 

4.栽培管理

 

子づるが伸びたら親づるは本葉5〜6枚を残して摘心をしましょう。子づるは生育の良い4本を伸ばし、孫づるは本葉2本を残して摘心しましょう。
開花したら人工授粉を行います。花びらの下が膨らんでいるのがメス花です。花びらの下が細くなっているのがオス花ですので、オス花の雄しべをむき出しにして雌しべにこすりつけ受粉を行いましょう。

 

5.収穫

 

種まきから80日、開花後1ヶ月経ち実の表面に白い粉が付き始めたら収穫のタイミングです。ヘタの部分を刃物で切り収穫しましょう。

 


 

 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です