土の風味のするゴボウを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

ゴボウはキンピラゴボウや鍋物の材料などに使用されて、土の香りがとてもいい根菜です。家庭菜園でもポイントを押さえて栽培すると難しくないので、是非チャレンジしてみて下さい。

 

連作障害

あり(4〜5年は空ける)

 

種まきの時期

種まきの時期: 寒冷地 4月下旬〜7月下旬頃まで
中間地 3月下旬〜9月上旬頃まで
暖 地 3月上旬〜9月下旬頃まで

 

主な栄養素

食物繊維、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、亜鉛

 

ワンポイント

ゴボウは根を深く下に伸ばして行くので、耕す際は深めに耕してみましょう。


 

1.土作り

 

植え付けの2週間前に、石灰200g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅60cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

2.種まき

 

畝の中央にミゾをつけてスジマキでまきましょう。ミゾをつける際は棒を押し当てると簡単にミゾを作る事が出来ます。

 

3.間引き

 

間引きは合計で2回行います。

目安としては
1回目の間引き 双葉が開いた頃    株間3〜4cmに間引く
2回目の間引き 本葉が2〜3枚の頃  株間10cmに間引く

2回目の間引き後は、化成肥料30g/㎡株元に施肥し土寄せを行いましょう。

 

4.収穫

 

種をまいてから80日〜100日が経過した頃が収穫のタイミングです。根を傷つけないように、根に沿ってシャベルなどで掘りましょう。30cm程掘ったら引き抜いて収穫しましょう。

 


 
ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です