10年収穫できる!アスパラガスを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

アスパラガスは、冷涼な気候を好み生育適温は15〜20℃となっております。1度植え付けると10年は収穫が出来るため、毎年フレッシュなアスパラガスを楽しめます。収穫したてのアスパラガスを茹でてマヨネーズをつけて食べると絶品ですので是非栽培してみて下さい。

連作障害

 

あり(2回目の植え付けの際は同じ場所を避ける)

 

植え付けの時期

 

植え付けの時期: 寒冷地 4月下旬〜5月中旬頃まで
中間地 3月上旬〜4月下旬頃まで
暖 地 10月中旬〜11月中旬頃まで

 

 

主な栄養素

カロテン、葉酸、ビタミンC、鉄、カリウム、アスパラギン酸、ルチン


 

1.土作り

 

植え付けの2週間前に、石灰100g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅60cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

 

2.追肥

 

毎年、春と夏に株元へ堆肥2kg/㎡を与え土寄せをしましょう。

 

3.支柱立て

 

生育が進み草丈が伸びてきます。何もしないと倒伏してしまいますので支柱立てを行います。株の4隅に支柱を立て、支柱の真ん中辺りをヒモで結び、株を囲うように結んで株が倒れるのを防ぎましょう。

 

4.収穫

 

秋になり、葉が黄色く枯れてきます。枯れてきたら株元をハサミなどで全て刈り取りましょう。刈り取り後は、堆肥を株を覆うようにかぶせます。2年目は株を太らせる事を優先させ追肥をし、3年目の春に出てくる新芽を収穫しましょう。収穫時は全て収穫せず新芽を数本のこしておくと翌年の収量が増えるので実践してみましょう。

 


 
ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です