畑でも、プランターでも!ミズナ栽培をしてみよう

スポンサーリンク



ミズナは古くから京都で栽培されてきた、伝統的な京野菜です。名前の通り水分を多く必要とするので栽培には砂地等ではない水持ちの良い畑が適しております。浅漬けやサラダ等にして食べると美味しいので是非栽培してみましょう。

 


 

 

連作障害

あり(1〜2年は空けましょう)

 

 

種まきの時期

寒冷地 4月下旬〜9月下旬頃まで
中間地 3月下旬〜10月中旬頃まで
暖 地 3月中旬〜10月下旬頃まで

 

 

主な栄養素

カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、葉酸、鉄分、食物繊維

 


 

 

 

1.土作り

 

種まきの2週間前に、石灰150g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅60cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

 

2.種まき

 

種まきは、株間30cm程取り1カ所に7〜8粒ほど撒きましょう。
その後、土をかけ水をたっぷり与えましょう。その後の潅水は土を乾かさないように管理します

 

 

3.間引き

 

間引きは合計3回しましょう。

1回目の間引き  本葉1〜2枚の頃  3本に間引く
2回目の間引き  本葉3〜4枚の頃  2本に間引く
3回目の間引き  本葉6〜7枚の頃  1本に間引く
間引き後は、化成肥料30g/㎡を与え土寄せをしましょう。寒さが厳しい時期ですと葉が痛んでしまいますので、寒冷紗等で保温をしましょう。

 

 

4.収穫

 

種まきから約1ヶ月後の草丈が25〜30cmに成長したら、根元から切って収穫しましょう。

 

 


 

 

ミズナはあのみずみずしい感じと食感で我が家ではサラダが大人気です。うちではサラダにして胡麻ドレッシングをかけて食べるのが定番です。採れたてのミズナのサラダは絶品ですので、是非お試し下さい。
 

 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です