家庭菜園の定番!チンゲンサイ栽培に挑戦!

スポンサーリンク

 

チンゲンサイは、栽培期間が短く育てやすい野菜です。幅広い調理法があり、庭先に少しでも植えておくととても重宝します。
家庭菜園にはとても向いている野菜ですので、是非チャレンジしてみて下さい。


 

 

連作障害

あり(1〜2年は空けましょう)

 

 

種まきの時期

寒冷地 5月上旬〜9月中旬頃まで
中間地 4月上旬〜10月下旬頃まで
暖 地 3月中旬〜10月下旬頃まで

 

 

主な栄養素

カロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維、鉄分

 


 

 

 

1.土作り

 

種まきの2週間前に、石灰150g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅60cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

 

2.種まき

 

畝に条間15〜20cmの2列のミゾをつけてスジマキでまきましょう。
種をまいた後、軽く土をかけたっぷりと水を与えます。

 

 

3.間引き

 

間引きは合計3回しましょう。

1回目の間引き  本葉1〜2枚の頃  株間3〜4cmに
2回目の間引き  本葉3〜4枚の頃  株間6〜8cmに
3回目の間引き  本葉5〜6枚の頃  株間15cmを目安に
間引き後は、化成肥料を少量与え土寄せをしましょう。
間引いた株も食べられますので、捨てずに食べてみましょう!

 

 

4.収穫

 

草丈が15〜20cmに成長した頃が収穫のタイミングです。
株元がふっくらしてきた物から刃物で根元を切って収穫しましょう。

 

 


 

 

チンゲンサイは中華料理等でおなじみの野菜です。オススメの食べ方は、採れたてのチンゲンサイを八宝菜やおひたしにして食べると本当に美味しいので私はいつも妻にお願いして作ってもらっています。

 

 

 

 

ご質問、お問い合わせはお気軽にお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です