家庭菜園の入門に!コマツナの栽培に挑戦

スポンサーリンク

 

コマツナは生育温度は20℃とやや冷涼な気候が好みですが、高温にも低温にも強いのでほぼ1年中栽培が可能な野菜となっております。とても栽培しやすく、家庭菜園の入門には最適で栄養価も高い為10日置きに種をまくと家庭で重宝される野菜です。

 


 

 

連作障害

あり(1〜2年は空けましょう)

 

 

植え付けの時期

寒冷地 4月中旬〜10月上旬頃まで
中間地 3月中旬〜10月下旬頃まで
暖 地 3月上旬〜11月上旬頃まで

 

 

主な栄養素

カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維

 

1.土作り

種まきの2週間前に、石灰100g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅60cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

 

2.種まき

種まきは条間を20cm程とりミゾをつけてスジマキでまきます。
種まき後はたっぷりと水を与え、その後の管理は土が乾いてきたら水を与えるようにします。

 

 

3.間引き

間引きは合計2回しましょう。

1回目の間引き  本葉が1〜2枚の頃  株間2〜3cm
2回目の間引き  本葉が3〜4枚の頃  株間5〜6cm

2回目の間引き以降は、間引き後に化成肥料30g/㎡を与え土寄せをしましょう。

 

 

 

4.収穫

種まきから30日〜40日程で収穫が可能になります。
草丈が20cmを超えるような物からどんどん収穫していきましょう。
あまり大きくしすぎると品質が落ちてしまいますので注意しましょう。

 

 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です