短期間で野菜を食べよう!ラディッシュ栽培

スポンサーリンク

 

ラディッシュは栽培期間が非常に短く約20〜30日と短期間で栽培できるのが魅力的な野菜です。
真夏と真冬以外ほぼ1年中栽培できるうえ栽培スペースもあまり取らないため、家庭菜園にぴったりの野菜となっております。
夏場は害虫が発生しやすく、冬場は栽培期間が延びてしまうため7〜8月、12〜2月の栽培には注意して栽培しましょう。

 


 

 

連作障害

少ないが1〜2年は空けましょう。

 

 

種まきの時期

寒冷地 4月下旬〜  8月上旬〜
中間地 3月中旬〜  9月上旬〜
暖 地 3月上旬〜  9月上旬〜

 

 

主な栄養素

カリウム、ビタミンB郡、ビタミンC、葉酸、食物繊維

 


 

 

1.土作り

 

 

種まきの2週間前に石灰100g/㎡を散布して耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕し、幅60cm、高さ10cmの畝を作ります。

 

 

2.種まき

 

 

畝に溝をつけてスジマキで種を撒きましょう。
種をまき終わったら、たっぷりと水を与えその後の管理は乾いたら水を与えるようにします。

 

 

3.間引き

 

 

種をまいてから約3〜4日ほどで発芽しますので、双葉が開いたら混み合っている所を間引きしましょう。

 

 

4.間引き2回目

 

 

本葉が2〜3枚程出たら、株間が約5cm程になるように間引きをします。
その後化成肥料30g/㎡を与え株元に土寄せをしましょう。

 

 

5.収穫

 

 

種まきから約1ヶ月後、本葉が5〜6枚になりラディッシュの頭が土から顔を出してきます。
頭の大きさが2〜3cm程になった頃が収穫のタイミングです。
葉の付け根をもち一気に引き上げましょう。
ラディッシュは生長が早いのでなるべく早く収穫するようにします。

 


 

 

 

 

ラディッシュは妊婦さんに必要な葉酸もふくまれている野菜です。妊婦さんにも食べてもらいたいですし、お父さんも奥さんの為に作ってみては?栽培サイクルも早いので種まき時期をずらしながら何回も収穫できるようにしたいですね。

 

 

 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です