ビールのおつまみに自家製枝豆を栽培してみよう

スポンサーリンク

 

夏はビールと枝豆!!最高です!この日の為に春から仕込んでおいて、夏には至福の一時を味わいましょう。


 

 

連作:あり(連作はせず3〜4年は空けましょう)

 

種まきの時期: 寒冷地 5月上旬〜
中間地 4月中旬〜
暖地  3月下旬〜

 

 

主な栄養素:タンパク質、ビタミンb1、ビタミンc、食物繊維、カロテン、メチオニン

 


 

 

1.土作り

 

種まきの2週間前に、石灰100g/㎡を散布して耕しておきます。種まきの2週間前には堆肥2kg/㎡と化成肥料50g/㎡を散布しよく耕し幅60cm、高さ10cm程の畝を作ります。

 

2.種まき

 

畝に株間20cm程の間隔を空けて、1カ所に3粒ずつ種をまきます。種をまいたらたっぷりと水をやり、それ以降は乾燥したら水を上げる程度で大丈夫です。

 

3.寒冷紗のベタがけ

 

発芽直後の双葉はよく鳥に狙われる事があるので本葉が展開するまでは寒冷紗をベタがけしておきます。
寒冷紗が風などで飛ばされないように、周りに土を盛っておきましょう。

 

4.間引き、土寄せ

 

本葉が展開し始めたら寒冷紗を外します。生育の良い苗を残して1本間引きをして2本残します。間引いたら、双葉がついている高さまで、株元に土寄せをしましょう。

 

5.追肥、土寄せ

 

花が咲いたら追肥をしましょう。化成肥料20g/㎡を株元に施して土寄せをします。与える化成肥料は、窒素分が多いと実のつきが悪くなるので窒素分の少ない肥料を使うのがポイントです。

 

6.収穫

 

種まきから約80日ようやく収穫の時期です。さやがふくらみ、実が充実した頃を逃さないようにしましょう。収穫は株ごと抜き取って収穫します。収穫適期は1週間くらいなのでタイミングを逃さず収穫するようにしましょう。

 


 

 

少し手間がかかりますが、美味しい枝豆とビールの為ならこんな苦労はむしろ大歓迎です!!
栽培しながらその日を想像して愛情込めて作ります!!

 

 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です