バジルを栽培してみよう!家庭菜園

スポンサーリンク

 

 

バジルはトマトと相性の良い香りで、イタリア料理をはじめとする様々な料理に使われています。個人的にパスタを作る時によく使うので栽培方法をまとめてみました。

バジルは日当りの良い条件を好みます。土壌の乾燥が続くと葉が固くなってしまいますので水やりはこまめに行うようにしましょう。

種まき時期:寒冷地 5月上旬
中間地 4月中旬
暖地  4月上旬

連作障害:少ないが1〜2年は空けた方がいい

主な栄養素:カロテン、ビタミンk、カルシウム、カリウム

 

1.土作り、種まき

土作り:種まきの1週間前に[堆肥2〜3kg/㎡][化成肥料100g/㎡]を散布して耕しておきましょう。
幅45cm〜50cm、高さ10cm程の畝を立てます。

種まき:畝に浅く溝を付けて種を1cm間隔の「すじまき」で播種して行きます。このとき土に細い棒などを押し当てるとスジができます。
スジをつけた場所に種を落とします。

 

2.間引き、追肥

 

間引き:成長してきたら、葉が込み合わないように今度は間引きをしていきます。葉が込み合うと風通しが悪くなり、病気などの原因にもなりますので。
本葉が6〜7枚出た頃に間引きを行います。株間30cm程の1本立ちにします。

追肥:間引き後に化成肥料を30g/㎡追肥し、株元に軽く土をよせておきましょう。

 

収穫

種まきから約60〜70日ほどで収穫可能となります。
草丈が20cm以上に成長したら、必要な葉だけを摘んで収穫します。脇芽を残しておけばそこからまた葉が成長し、長く収穫をする事ができます。

 

ポイント:花が咲くと葉が固くなり香りが落ちてしまいますので、花は早めに摘み取るようにしましょう。

 

 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です